Home > 会津地鶏レシピ

地鶏料理レシピ集


グランプリ作品

会津地鶏とごぼうのミソマッチ丼
室井なつ子さん(会津美里町)
会津地鶏とごぼうの相性のよさを活かし、手作りみそソースで味付けしました。大腸癌予防を兼ね、がっつり食べても健康維持できる丼です。
・会津地鶏(もも肉)--400g・ごま油--大さじ2
・ごぼう--200g・地酒・水--各100cc
・紫黒米入りごはん--800g
特製みそソース--みそ大さじ2/マヨネーズ大さじ2/食べるラー油大さじ2/みりん・牛乳100cc/えごま(すりおろしたもの)大さじ2*合わせてあたためておく
トッピング--型抜き人参、しらがねぎ

1)地鶏を一口大に切り、ごま油をからめる
2)ごぼうはささがきにして酸水につけ、ざるに上げる
3)地鶏を焼いて皿に取り出す
4)ごぼうをごま油で炒め、水と地酒で煮てから地鶏と合体させ、みそソースをからめる
5)どんぶりにごはんを盛り4)をかけ、トッピングする


準グランプリ作品

会津五穀参鶏湯朝がゆ丼
相馬智尋さん(二本松市)
地鶏のおいしさを残らず味わえるメニューです。カロリー控えめで、胃にやさしく、あったまります。
・会津地鶏--100g・干したあいづ人参--1本
・ねぎ--1本・しょうが--1片・にんにく--2片
(A)--もち米・米各50g
(B)あわ・きび・ひえ各小さじ1
トッピング--(お好みで)塩・高田梅、半熟卵、さくらの花の塩漬け、クコの実など

1)Aをといで、Bと小口ぎりした人参を加え、水にひたして炊く
2)水1Lに一口大の地鶏、小口ぎりのねぎ、刻んだしょうが・にんにくを入れ、1時間煮込む
3)ざるにあけ、スープ(参鶏湯)と1)のごはんをあまり混ぜずに、おかゆになるまで煮込む
4)地鶏とトッピングを好みでのせてできあがり


親子による親子丼の部入賞作品

野菜deカラフル親子丼
生江道子さん・真歩さん(受賞時小6)宮城県柴田郡大川原町
野菜は畑で採れた新鮮なもの、卵は放し飼いのもので材料にこだわり、見た目もカラフルできれいになるようにしました。
・地鶏--50g・玉ねぎ--小1/4個・卵--1個
・ミニトマト--5個・にんにく--1/2かけ
・ピーマン--1/2個・ごはん1杯分

1)鶏肉:うすく塩をふりかけ、ペーパータオルで水分をふき取る。玉ねぎ、にんにく:みじん切り。ミニトマト:半分に切る。
2)フライパンにオリーブオイルを熱し地鶏を両面こんがりと焼く。
3)地鶏を取り出し、ピーマンをさっと焼く。
4)ピーマンを取り出し、にんにくを弱火で焼き、玉ねぎをあめいろになるまでじっくり炒める。ミニトマトは中火で焼く。
5)塩少々・醤油大さじ1杯で味を調え、地鶏を戻し、とき卵をいれ少し固まってきたら火を止める。
6)丼に盛ったごはんに5)をかけ、ピーマンを散らしてできあがり!


がっつり男子丼の部入賞作品

チキングリルのパワーアップ丼
木村睦子さん(会津若松市)
少ない食材を調理法を変えて使用し、食感の変化や見た目でも楽しめるよう工夫しました。
・鶏もも肉--1枚(軽く塩こしょうしておく)
・にんにく--1片・しょうが--1片
・長ネギ--1~2本・糸とうがらし--少々
・なす--1/2本・豆板醤--少々
長ねぎ:白髪ねぎを作り、緑の部分は斜めに切り。残った部分はみじん切り。
なす:たて半分に切る。
にんにく:フライドガーリック用に3~4枚薄くスライスし、残りはみじん切り

1)ねぎの緑の部分を軽くソテーする。
2)なすとにんにくスライスを素揚げしておく。
3)鶏肉をかりっと焼き上げた後、そのフライパンでみじん切りのにんにく・しょうが・長ねぎ・を炒め、豆板醤・酒大さじ1・みりん大さじ2・しょうゆ大さじ1加えソースを作る。
4)丼にごはんを盛り1)と食べやすく切った鶏肉をのせ、ソースを全体にかける。
5)白髪ねぎ、糸とうがらし。フライドガーリック、なすを添えて、できあがり。


ヘルシー女子丼の部入賞作品

会津べっぴん丼
根元陽子さん(会津若松市)
地鶏とこずゆを応用し、豆麩と地竹の穂先で芽が出るラッキー感と会津を強調しました。低カロリーで美しい女性(べっぴん)を目指す丼です。
・地鶏--400g・干し貝柱--3個
・干しキクラゲ--10g・糸こんにゃく--2袋
・人参--1/2本・里芋--250g・豆麩--20g
・地竹(缶)--10本・青味--少々

1)だし汁(少な目)に貝柱・キクラゲ・糸こんにゃく・人参・里芋をいれ火にかける。煮えたら塩で調味し、みりん少々と醤油で味を調える。
2)水切りした豆麩を入れ、水溶き片栗粉でとろみをつける。
3)塩こしょうした地鶏を網で焼き、斜め1cmの暑さに切り、ごはんにのせる。
4)2)のあんかけをかけ、花人参、地竹の穂、青味を飾る。




グランプリ作品

会津地鶏ささみ・大葉みそ串揚げ
佐藤宏美さん(会津若松市)
・会津地鶏ささみ・たまねぎ
・会津天宝・大葉みそ・大葉

1)会津地鶏のささみを開いて、会津天宝大葉みそを薄く塗ります。そこに大葉をのせ、巻いて、二つに切ります。たまねぎと一緒に串に差し、パン粉を付けて、串揚げにします。
2)同じく会津地鶏のささみを開いて、会津天宝大葉みそを薄く塗ります。外側に大葉を巻き、二つに切ります。たまねぎと一緒に串に差し、パン粉を付けて、串揚げにします。
3)○ささみを大葉で巻いて揚げるのは一般的にたべられていますが、今回は会津天宝・大葉みそを塗り、味噌仕立てにしました。たんぱくなささみが、大葉みその風味で美味しくなります。
4)串揚げにした後、ソースを塗って、大葉みそ串揚げソースカツにしても更に美味しく仕上がります。


準グランプリ作品

会津地鶏の米粉サンド
金子園さん
会津地鶏と野菜を米粉生地でくるくると巻いて片手で手軽に食べられ、見た目も楽しいです。
また、蒸した会津地鶏と野菜が一緒に摂れるので、ヘルシーな一品です。
・会津地--300g・サンチェ--4~5枚
・酒--15g・ニンジン--60g・片栗粉--10g
・きゅうり--70g・塩、こしょう--少々
・米粉--100g・会津地鶏卵--2個
・長ネギ--30g・水--250g
・甘辛ソース(テンメンジャン15g,味噌5g,砂糖5g,酢15g)
・わさびマヨネーズ(マヨネーズ15g,わさび5g)

1)会津地鶏は、酒、塩、こしょう、片栗粉をからめ、軽くラップをかけ、600Wレンジで4分加熱し、余熱で蒸して、冷めたら食べやすい大きさに切る。
2)生地:米粉、水、会津地鶏卵をよく混ぜ、サラダ油をひいたフライパンで薄く焼く。(中火 片面約1分→裏返して約30秒焼く)
3)焼いた生地に蒸した会津地鶏、食べやすい大きさに切った野菜を乗せてくるくる巻く。
4)甘辛ソース、わさびマヨネーズはそれぞれ混ぜて、食べる時に好みで。


敢闘賞

会津地鶏の天下一品焼き
室井つな子さん(会津美里町)
材料や作り方から誰にでも手軽に作れます。会津地鶏と手作りニラソースの相性が抜群です。焼き上がりが香ばしく、食欲がアップします。主食と主菜を兼ねてテイクアウトできるので、イベントなどにもってこいです。
材料(4人分) ひとり2串ずつ
・会津地鶏もも肉 200g
・手作りニラソース(細かく切ったニラ100g,ごま油大さじ1,オイスターソース大さじ4)
・紫黒米を入れて炊いたごはん 600g

1)地鶏もも肉を軽く叩いて、ひと口大のそぎ切りにして手作りニラソースに漬けておく。(10分位)
2)紫黒米入りごはんを半つぶしにして、五平餅のように丸めて串にさし、1)のもも肉をひと切れずつのせておさえ、炭火(またはオーブントースター)で焼いて出来上がり。


敢闘賞

地鶏のノリ巻きサンド(ハートサンド)
熊谷智子さん(会津若松市)
ノリを外にした方が好きな方はノリ、パンの順で。お弁当やイベント時の軽食に。小さなお子さんから高齢の方まで中の肉を笹身などに替えれば食べやすくなります。(ちなみに試作は笹身を使用)
・地鶏むね肉--1枚
・サンドイッチ用食パン--3枚
・焼のり--3/4枚・バター--少々
・七味唐がらし--少々
・醤油大さじ3,砂糖大さじ1と1/2,みりん大さじ2(A)
・長ネギ1本、ミニトマト3つ、きゅうり少々、つまようじ

1)むね肉を繊維に沿って3本のブロックに切り分け、Aの中の醤油にからめてからグリルかオーブントースターでしっかり焼く。長ネギの白い部分を3等分にし、縦に切れ目を入れて一緒に焼く。
2)Aの材料と1)で残った油を鍋で煮詰めてたれを作る。できあがったたれに1)を入れてからませる。長ネギも同様にする。
3)食パンにバター(室温に戻してやわらかくしたもの)を塗る。その上に焼ノリ、次に2)の鶏肉を長ネギを並べノリ巻きの要領で端から巻き上からラップで巻いて両端をキャンディーのようにねじって止める。
4)巻いたサンドイッチを斜めに切って出来上がり。


line